ごあいさつ

代表取締役 布目裕貴当社は「介護」と「映像制作」という2つの事業を行っています。

一見、関係性の薄い2つ事業ですが、どちらも現代社会には無くてはならない存在です。
団塊の世代の高齢化が差し迫った現在、「介護」にはこれまで無かった新しい発想が求められています。
常に最新の情報に触れる事の出来るテレビ番組制作の現場から、
介護の現場に取り入れる事の出来る要素を見つけ出す。
介護の世界だけの常識にとらわれない、広い視野を持ち続ける。
生きる為に必要な【楽しむ】という共通要素を追求する。
株式会社フレーバーは、新しい「介護」の形を提案していきます。

代表取締役 布目裕貴

 

 

経営理念  【一生楽しく暮らすために】

『若者』 も 『高齢者』 も「楽しく暮らしたい」という思いは同じだと考えます。
しかし「楽しく」の意味は、人それぞれ そして年齢によっても変わってきます。
難し事ではありますが、全ての方が「楽しく」暮らすために、出来ることを考え 全力で取り組んで参ります。

そして、楽しさの中に「自分が高齢者になった時に受けたい介護」を考え、
実践出来る施設でありたいと考えています。